栄養が変わる 医療が変わる 社会が変わる

栄養が変わる
医療が変わる
社会が変わる

HOME > 予防と栄養医学療法 > 栄養医学療法

栄養医学療法

予防を突き詰めてゆくと、必然的に「栄養」の問題に直面します。「低栄養・隠れ栄養失調・阻害因子」を無視した医療のままで、高齢社会を乗り切れるのでしょうか?

 
ほとんどの医療は「あなたは毎日問題ない食事をしており、栄養は十分摂れている」という事を前提で進められています。歯科医療も同様に、栄養のことを気にして診療を進めることはまずありません。
 
しかし歯周病やインプラント周囲炎などの「細胞の働き」と直結する病態を診るとき、従来通りの口の外側からの介入だけではまったく不十分だということに気がつきました。歯肉や骨の細胞が充分な活動量でないかぎり、いくら歯磨きだけをがんばっても長期間の維持はできないのです。
 
一般的に歯を壊す原因としてムシ歯や歯周病が知られていますが、それに加えて、意外にもハギシリは歯を破壊する大きな要因です。ハギシリは原因不明でマウスピースで片付けられてしまうのが普通ですが、実はこれも栄養の過不足とかなり関係があることが解ってきました。
 
食の常識は近年180°と言ってよいほど変わってしまいましたが、まだまだご存知ない方がほとんどです。信じられないとは思いますが、モノがこれほど溢れている時代にもかかわらず、現代人は「栄養失調」の状態です。食べるものが自由になりすぎて、体に悪いものを積極的に摂っているのです。このままでは最新の医療技術も薬剤も、十分な効果が期待できません。
 
吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニックは、従来からの「外側」からの治療に加え、「内側」からも治療することにより、歯周病・インプラント周囲炎歯ぎしり不定愁訴の対策を積極的に進めています。
 
こちらのコーナーでは私たちの栄養医学療法のご案内となりますが、さらに詳しい情報は姉妹サイトDentaNutrition.jpにてお伝えしています。
 

 
 
 
 
 
| 1 | 2 |
 

DentalNutrition.jp