HOME > 診療のご案内

気がついた人が、次にとる行動

 
「日本の歯科医療は、何かがおかしい」そう気付いた方が増えています。治しているようで、実は壊しているのではないか。予防と言いながら、悪くなることを待っているのではないか?
 
実は歯界医療は、限界に達しています。これ以上は進歩する見込みはありません。そう言うと、反論する方がほとんどだと思います。気持ちはよくわかります。しかし結果はどうでしょう?高齢者のお口の中を診させていただくと、確かに残っている歯の「数」は昔に比べれば増えました。ですから統計上は良くなっています。
 
しかし「質」はどうでしょう?せっかく残したその歯は、本当に噛む能力があるのでしょうか?他の機能を障害していませんか?そして感染源になっていませんか?歯があっても状態が悪ければ意味がなく、それは私が見る限り30年前と大きな差はありません。医学が進歩し、歯科医院がこれだけ増えているのに、病いを減らせていないのです。つまり今までの考え方では歯を、そして健康を守ることは難しい、今の高齢者のお口の中がそれを証明しているわけです。では、あなたもこの路を辿って行くのでしょうか?
 
ここにもう1つの選択肢があります。それが「自由診療」です。それも「健康保険を扱う歯科医院での自由診療」ではなく、「自由診療専門医」を選ぶことです。
 
歯科医療はすでに限界と書きましたが、実は常識的に日本の健康保険制度を利用した場合での話です。自由診療なら、新しい路が開けるかもしれません。しかし健康保険を扱う歯科医院では混合診療という日本独自の法解釈により、自由診療と言えども選択肢も裁量権も大きく制限されてしまいます。これを萎縮医療といい、以前の私もその中にいました。
 
日本の医療は世界一という話を聞いたことはないでしょうか。それは救急医療や受診のしやすさなどにおいて、類を見ないほど優秀です。しかしその他の医療は、とりわけ歯科はあまりに面倒見がよすぎたために、患者さんが自らから考える力を奪ってきたように思います。「悪くなってもまた治してもらえる」という安心感が仇となり、治療も予防も世界から大きな遅れをとってしまいました。
 
以前なら表面化しなかった問題ですが、今だれもが80歳まで生きることを前提に生活設計をしなくてはならない時代となり、こんなはずではなかったとお感じになる方が増えてきました。そんな人々のためにあるのが、吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニックです。銀座という地にはありますが、決して富裕層の方々を対象としているわけではなく、本当に良くなろうという方のためにある特別な場です。
 
このホームページや、Blog:歯界良好、栄養医学療法専門サイトであるDentalNutirition.jpには、本来のあなたを取り戻すヒントがたくさん書いてあります。ぜひ皆様自身でそれを見つけ出していただきたい、そしてもし良かったら、私達にあなたの未来を輝かしいものにするお手伝いをさせてほしいと思っています。
 

吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田 格

 

03-3248-0418

 INDEX

  1. 私たちについて
  2. 初めていらっしゃる方へ 初診のご案内
  3. 顕微鏡から得られた情報をそのままお渡しします
  4. セカンドオピニオン
  5. 根管治療のみのご依頼
  6. 歯のクリーニング
  7. 常勤歯科衛生士
  8. 設備のご紹介
  9. スペシャルインタビュー
  10. オープンセミナーのご案内
 
 
 

診療のご案内 

最新の記事から