HOME > できるだけ削らない・抜かない治療 > 一度歯を抜いて綺麗にしてまた元に戻す再植術

再植術 

前ページの歯根尖切除術は、歯肉を切開し、感染源である歯の根っこの先端を切除します。しかし器具が入らない奥歯ではこの方法は使えず、歯は抜いてインプラントにしましょうというのが普通です。しかしどうせ抜くのなら、抜いて外で歯根尖切除をし、歯をまた元に戻す「再植術」という方法も考えられます。抜歯にともなうリスクはありますが、条件が良ければ劇的な改善を診ます。インプラントにしない選択肢の一つとしてご紹介いたします。

 
歯の内部が細菌感染し、その毒素が歯の外に漏れると、嚢胞という膿の袋ができます。歯の内部はひじょうに複雑で、感染が進みすぎてしまうと顕微鏡を使って精密な根管治療を行っても、治すことができないことがあります。
 
そんなときの最後の一手が前のページで解説した 歯根尖切除術ですが、奥歯(主に上下第二大臼歯と、上の大臼歯の内側の根)では器具が入らない場所もあり、すべての歯が適用になるわけではありません。治る見込みがなければ、抜歯してインプラントにしましょうと言われるのが一般的です。
 
しかしもし、きれいに損傷なく歯を抜くことができれば、「再植術」が使えるかもしれません。
 
歯根尖切除術はすべての行程を口の中で行いますが、狭いので視野が限られてしまいます。しかし再植術は一旦抜いた歯をよく見える外で歯根尖切除術し、その歯をそのまま元にあった場所に戻します。再び植えるので「再植術」と言うわけです。
 
そんなことをして大丈夫ななのかと思うでしょうが、歯の表面には「歯根膜」という細胞の層があり、 抜く時にここに損傷がなければ、歯はまた骨とくっつきます。ケガで歯が抜けてしまっても、すぐに元に戻せばくっくのと同じです。
 
では実際の症例を見てみましょう。
 
 
1・最初の状態です。真ん中に写っている第二大臼歯は神経をとって、中に詰め物がしてあります。残念ながら中の感染源は取りきれていなかったようで、根っこの先端周囲が黒くモヤがかかっています。これが嚢胞という膿の袋です。実は下の奥歯は嚢胞があってもレントゲンにはよく写ってきません。この歯は嚢胞が大きく、歯周ポケットとも繋がっており、治療は難しいと予想されました。
 
2・根管治療を開始、人工物を撤去し消毒後にMTAセメントにて根管充填しました。その後半年様子を見ましたが、歯周ポケットは改善しませんでした。
 
 
3・既存の人工物をだいたい撤去した状態でCTを撮影しました。レントゲン写真よりも鮮明に嚢胞の存在が確認できます。舌側の骨は完全になくなり、歯周ポケットが形成されている事もよくわかります。
 
 
 
4・再植術を行いました。すなわち一度歯を抜いて、外で歯根尖切除を行い、元に戻しました。
 
5・半年後の写真です。4に写っていた黒く写ってい部分がだいぶ消失していることがわかります。歯周ポケットもなくなり、再生したことが伺えます。
 
 
 6・同じく半年後のCTです。前のCTで見えた黒い影はなくなり、骨が再生してきたことがわかります。
 
 
 
CTを静止画で見てみましょう。7-9が最初の状態、10-12が再植後半年ですが、その違いがよく分かると思います。特に9と12を比べると、根っこの先端まで骨が再生し、歯と接触していることが分かります。一部骨の吸収もありますが、歯周ポケットはなくなり、今後の良好な維持が期待されます。
 
いかがでしょう、このような効果は再植術でしか実現しません。諦めて歯を抜いてそのまま捨ててしまうのではなく、感染源を除去すれば理屈の上では使ってゆくことができます。
 
ただし歯がきれいに抜けないと歯根膜が剥がれてしまいますので、大きく拡がった形の歯には適用されません。また残っている歯が薄く、抜く時に割れてしまったら、もちろん使えません。
 
また、うまく行ったようでも、後で歯と骨が癒着してしまったり、歯根吸収がおきると、長くは使えない可能性もあり、楽観はできません。
 
ですから再植術は、絶対に成功するという確実性のある治療ではなく、「ひょっとしたらうまくいくかもしれない」くらいの気持ちで行うのが良いでしょう。
 
しかしこのように、インプラントにしない選択肢がまだあることを覚えておいて欲しいと思います。
 
 

 参考サイト

  1. 再根管治療の効果・2 再植術(Blog:歯界良好)
  2. ちょっと変わった歯の移植(作成中)

 

この続きはただいま製作中です。次回は歯がなくなってしまった部位に、親知らずなどを移植する方法をお伝えする予定です。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 |

最近の投稿から