歯根尖切除術 

歯根尖切除術は、 根管治療でも治す事ができない高度に感染が進んだ歯に対して行われる、最後の一手です。古くからある手法ですが、結果が思わしくなくないことが多かったため、あまり積極的に行われてきませんでした。しかし 顕微鏡を適切に用いることで精密な施術が可能となり、予後は格段に良好になりました。インプラントに踏み切る前に、ぜひ検討していただきたい方法です。
 
 
 
 
《写真1》は上の前から2番目の歯で、根の先端から写真左にかけて広い範囲が黒く写っています。解りやすく境界を書いたのが《写真2》で、緑色の線がその部分です。実はここが感染により骨がなくなってしまった部分で、骨の代わりに膿の袋が、つまりオデキができている状態です。
 
この歯はすでに根管治療が行われていますが、残念ながら感染源は除去できておらず、細菌の出す毒素の影響で骨の中が腫れています。
 
歯の構造は非常に複雑で、細部に入り込んでしまった細菌は顕微鏡を用いた精密な根管治療でも除去しきれません。
 
また歯の周りに漏れて定着した細菌は、もはやいくら根管治療を行っても器具も薬も届きません。
 
 
上の動画はCTデーターを加工して患歯を軸に回転させているもので、オデキの位置や大きさをあらゆる方向から確認することができます。これにより通常のレントゲン写真では解らない詳細な情報が得られます。
 
これらによると根管治療はすでにやりすぎなくらいやっている感がありますが、わずかな望みを持って再治療をすることにしました。
 
金属の芯を外して根管治療を行うと、膿が漏れてきます。治療を何回か行いましたが、膿が止まることはなく、やはり感染源は歯の外側まで漏れていたことが解りました。
 
感染源は歯の根っこの先端に集中していますので、そこを除去すればこの歯を使い続けることができます。それが「歯根尖切除術」または「歯根端切除術」です。
 
 
 
 
《写真3》は歯根尖切除術を行った直後のレントゲン写真です。根っこの先端3mmほどをカットし、断面を顕微鏡で観察し、感染源が残っていないかを確認しながらお掃除します。断面はMTAと呼ばれる、たいへん生体親和性の高いセメントで封鎖しています。黒かった部分がさらに濃く写っているのは、骨をきれいにお掃除をしたからです。
 
《写真4》は、その6ヶ月後のレントゲン写真です。黒く写っていた部分は白い網目状になり、骨が急速に再生していることがよく解ります。
 
このように、感染が高度に進行した歯でも、適切に処置すればまだまだ使えるケースが増えています。抜歯してインプラントにしましょうと言われた歯でも、まだまだ無理なく使える可能性があります。
 
後は適切な人工物で歯を再建し、患者と医療者双方の努力で、噛む荷重で歯が折れないように配慮して行くことが大切です。
 

 参考サイト

  1. 歯根尖切除・インプラントにしない選択肢
  2. 歯根尖切除・インプラントにしない選択肢 2
  3. なぜ歯根尖切除の話をしてるのかというと…
  4. なぜ歯根尖切除の話をしてるのかというと…2
  5. 歯根尖切除 vs インプラント
  6. 歯根尖切除 vs インプラント 2

 

次のページでは、歯根尖切除が不可能な歯に適用する 《再植術》についてお伝えしえいます。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 |

最近の投稿から