HOME > 歯周病とインプラント周囲炎 > バイオフィルムとは

バイオフィルムとは

 
前のページで突然バイオフィルムというものが出てきましたので、ちょっとその説明をしましょう。
 
バイオフィルムとは、細菌が外敵から身を守るために張る強力なバリアです。
 
例えばお風呂に着くヌメヌメ、あれもバイオフィルムです。歯周ポケットの中にあのヌメヌメがあると思って良いでしょう。気持ち悪いですよね…
 
ヌメヌメは、ちょっと擦っただけでは落ちないことを皆さんご存じです。スポンジでかなり強く擦って、やっと取れるかというほどガンコです。しかし歯周ポケットの中にそんな圧力はなかなか加えられません。
 
浴槽のお掃除には、専用のお風呂の洗剤を使います。それを使えば、スポンジでちょっと擦ればヌメヌメはなくなり、キュッキュッという音がして浴槽の表面が出てきますよね。しかし歯周ポケット内にお風呂の洗剤は使えません。そんなことをしたら死んでしまいます!
 
それからヌメヌメに対し、擦らないでお風呂の洗剤をただ塗っただけではどうでしょう?ヌメヌメは落ちません。
 
ということで、バイオフィルムがいかに強力で除去しにくいものであるかがお解りいただけたと思います。
 
歯周ポケット内のバイオフィルムの中には、歯周病原菌が棲んでいます。その細菌だけであれば、抗生物質で叩くことができます。しかしバイオフィルムはあまりにも強力なため、薬剤はまったく浸み込んで行かないので効きません。除去するには、機械的・物理的に剥がしとるしかないのです。
 
 

 
このビデオは歯周ポケットの中の歯の表面を、超音波でお掃除をしているところです。バイオフィルムは目には見えませんが、顕微鏡を見ながらで器具の当たる角度や方向をよく狙って行うことで、たいへん大きな効果をあげることができます。
 
ちなみに生体内では、腸管に住み着いたカンジダ菌や、尿管に定着した感染菌もバイオフィルムを作るので、薬剤がたいへん効きにくいことが解っています。
 
なお、上記のビデオについて、さらに詳しくはこちらをごらんください
 

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |