歯を拡大して見ることで
根管治療などの治療のやり直しが
正確にできる顕微鏡治療術・3

健康保険のインレーを外すとムシ歯の取り残しがありました

 

健康保険の金属インレー
 
1・治療前。健康保険で行った金属製インレーが入っていますが、あまり適合がよくないし、心配だとこのことで外すことになりました。
 
 
インレーを除去すると虫歯があった
 
 
2・金属を外すと、手前側にムシ歯の取り残しと進行がありました。また隣接する手前の歯もムシ歯になっている事がわかりました。
 
 
虫歯を完全除去
 
3・顕微鏡を使い、健康な歯はできるだけ削らないようにムシ歯や汚染物だけを取り除きます。

 
 

 
ラバーダムの設置
4・ラバーダムというゴムシートを張ります。これがないと歯肉がかぶさったり血液や唾液が入り込んでしまい、接着剤がのりません。とても重要な行程です。

 
 

隔壁のの設置

 

 5・型枠をはさみ込みます。これが正しく入ればコンポジットレジンというプラスチックを流し込み、歯の形が完成します。できない場合はもう少し削りこみ、型取りを行います。
 
 
コンポジットレジンによる美しい修復
 
6・白い歯が完成。この後はよく磨いて、再発防止に努めましょう。
 
 

下のビデオは上記の治療を実際に行った時のものに解説音声を加えたもので、顕微鏡歯科治療の実際をご覧いただけます。さらに詳しい説明はこちらへ。またこの症例をはじめ、顕微鏡を用いた精密治療の実際はYouTubeに公開している動画でご覧いただけます。

 
 
 
| 1 | 2 | 3 | 4 |