自分の歯に勝るものはないが…

 
前章で歯の病気は感染症と述べました。ではどれくらい感染が進んだら諦めなければならないのでしょう。悪くなった歯を無理してでも使うか、それとも抜歯して人工物に置き換えるのかは、たいへん迷うところです。
 
虫歯と歯周病に分けて考えてみましょう。虫歯で歯を抜かなければならない理由は、大きく分けて次の3つが考えられます。
 

  1. 虫歯が大きくなりすぎて残った歯の根が歯肉の中に埋まってしまい、型取りができない
  2. 細菌が根の尖端から漏れ、通常の根管治療では器具が届かず細菌の除去ができない(根管治療とは神経と血管からなる歯髄を取り除き、消毒し、その穴を充填する治療。俗にいう神経を取る治療)
  3. 根にヒビが入ったり割れたりし、そこが感染してしまった

 
1の場合は見た目に誰もがわかることなので、説明も同意も容易です。問題は2と3で、不完全にしろ歯の形が残っているため、痛みがなければまだ使えそうな気がします。
 
虫歯は進行しているのに痛みがないことの方が多いものです。一時急性で痛みが出ても、初期のうちなら短時間で慢性に戻り痛みはなくなります。これを治ったと錯覚し放置すると、細菌はどんどん深く進行し、骨にまで達します。その過程で慢性と急性を繰り返し、いつしか急性の時間が長くなり痛みは止まらなくなります。
 
一方歯周病では、感染が進み歯周ポケットが深くなりすぎると器具が十分入らず、たとえ手術をしても掻き出し作業はうまくいきません。虫歯の場合と同様、感染による炎症が残ったままになるので、さらに炎症が進み、歯の周りの骨はどんどんなくなります。
 
こうして、虫歯も歯周病も進行すれば痛みが止められなくなり抜歯を余儀なくされるのですが、歯を支える骨がなくなった段階で初めて抜歯を決断しても、骨が減った分だけ後の治療は困難です。
 
すなわち入れ歯は安定せず、ブリッジは形がとても不自然になり、特に前歯の場合は自然感を大きく損ないます。
 
インプラントは骨に人工の根を埋めるのですから、骨がなければ当然困難になり、こちらも前歯の場合は見た目に大きな問題を残すことになりかねません。
 
入れ歯もブリッジも、そしてインプラントも神様が造ったものではありませんから、後に述べるように問題もあります。本来は自分の歯の方が良いに決まっています。
 
しかし、感染が除去しきれないために慢性炎症を引きずっている中途半端な状態より、新しい人工物の方がはるかに信頼性が高く快適です。
 
インプラントは新品ですから、これに感染はありません。入れたあと、以前あった歯のように感染させないようにすればいいのです。
 
  

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 |

序章:インプラントを長持ちさせるコツとは

 

第一章:インプラントを選ぶ理由

 

第二章:インプラントの診断と治療

  • インプラントには歯根膜がない
  • 骨と結合するチタン
  • いつから噛める?
  • 1回法と2回法
  • いつから噛める?
  • インプラントの設計
  • 骨が足りない時は造成
  • 歯肉も増やす
  • 術後の感染に注意
  • 骨の幅はどう測る
  • 簡単なインプラントは難しい
  • 抜歯後すぐにインプラント
  • 年齢制限はあるか
  • 上部構造の材料
  • インプラントの製品名は知っておこう
  • メーカによる差はあるか

第三章:長持ちのカギは噛み合わせ

 

第四章:メンテナンスと定期健診

 

終章:高齢社会とインプラント

  • インプラントは高齢社会を変えるか
  • 高齢者特有のインプラント治療
  • 介護の現場は揺れている
  • 寝たきりになったら
  • 未来の自分のために

 
 

リンクをクリックすると一部が立ち読みできます