HOME > 歯の移植とインプラント > インプラントのすべてがわかる本 > インプラントを長持ちさせるコツ

インプラントを長持ちさせるコツ

 
歯の病気は基本的には細菌による感染症ですが、真の敵は現代人の生活習慣であり、それを是正できない人の心の弱さなのかもしれません。
 
インプラントがだめになる理由は、歯がだめになる理由とほとんど同じです。ですから歯をなくした原因をしっかり考えてきちんと予防策を講じれば、自ずとインプラントも長持ちさせることができます。
 
一般に歳をとれば病気の1つや2つ持っていてあたりまえ、歯もなくなって当然と考えられています。しかし私はそうは考えません。それまで管理できていなかった結果が、たまたま60歳を超えたあたりで露呈してくるだけなのです。
 
これは平均寿命が70歳そこそこであった時代にはそれほど大きな問題ではありませんでした。
 
ところが今や日本は男性で 78 歳、女性で 85 歳という世界一の長寿国であり、近未来の日本にとてつもなく大きな問題としてのしかかっています。
人に最後まで残される楽しみ、それは食べることです。これが思い通りに行かないことがどれほど辛く情けないことかは、本人にしかわかりません。
 
そのような人の仲間入りをしないよう、治療を医者任せにせず、重症にならないよう治療と維持管理に積極的に参加してほしいと願うのです。
 
インプラントを長くもたせようとすること、それは自分自身と向き合うことにほかならないのです。
  

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 |

序章:インプラントを長持ちさせるコツとは

 

第一章:インプラントを選ぶ理由

 

第二章:インプラントの診断と治療

  • インプラントには歯根膜がない
  • 骨と結合するチタン
  • いつから噛める?
  • 1回法と2回法
  • いつから噛める?
  • インプラントの設計
  • 骨が足りない時は造成
  • 歯肉も増やす
  • 術後の感染に注意
  • 骨の幅はどう測る
  • 簡単なインプラントは難しい
  • 抜歯後すぐにインプラント
  • 年齢制限はあるか
  • 上部構造の材料
  • インプラントの製品名は知っておこう
  • メーカによる差はあるか

第三章:長持ちのカギは噛み合わせ

 

第四章:メンテナンスと定期健診

 

終章:高齢社会とインプラント

  • インプラントは高齢社会を変えるか
  • 高齢者特有のインプラント治療
  • 介護の現場は揺れている
  • 寝たきりになったら
  • 未来の自分のために

 
 

リンクをクリックすると一部が立ち読みできます