メンテナンスを怠れば…

 
努力の甲斐あって、今晴れてインプラント治療によりあなたのお 口の中に新しい歯が入りました。インプラントの上に装着した歯冠 は、自分の歯のように機能していることでしょう。
 
しかし喜んでばかりはいられません。インプラントは「モノ」にすぎません。新品がきれいなのはあたりまえで、この状態をできるだけ長く保ち続けなければなりません。
 
ここで思い出してください、なぜインプラント治療をすることになったのかを。歯を失う結果を招いた原因が虫歯だったにせよ歯周病だったにせよ、ほとんどの方は「歯ブラシが行き届いていなかったから」に端を発するはずです。
 
インプラントだって、磨けていなければ同じ運命です。ここからはインプラント治療を終えたあと、できるだけトラブルに陥らないようなメンテナンスのしかたについてお話ししましょう。まず、セルフケア、つまり毎日のお手入れの仕方を詳しく説明します。
 
インプラントは人工物ですからそれ自体は虫歯にはなりません。したがって虫歯対策用の磨き方にはそれほど配慮はいりません。
 
しかし、インプラントと自分の歯が混在している方がほとんどですの で、両者をいちいち区別して磨くのはかえって面倒です。ですからこの章ではまず両者に共通する一般的な歯ブラシ類の使い方を説明し、後半ではそれらを踏まえた上でインプラント特有の磨き方や考え方についてお話しします。
 
 

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 |

序章:インプラントを長持ちさせるコツとは

 

第一章:インプラントを選ぶ理由

 

第二章:インプラントの診断と治療

  • インプラントには歯根膜がない
  • 骨と結合するチタン
  • いつから噛める?
  • 1回法と2回法
  • いつから噛める?
  • インプラントの設計
  • 骨が足りない時は造成
  • 歯肉も増やす
  • 術後の感染に注意
  • 骨の幅はどう測る
  • 簡単なインプラントは難しい
  • 抜歯後すぐにインプラント
  • 年齢制限はあるか
  • 上部構造の材料
  • インプラントの製品名は知っておこう
  • メーカによる差はあるか

第三章:長持ちのカギは噛み合わせ

 

第四章:メンテナンスと定期健診

 

終章:高齢社会とインプラント

  • インプラントは高齢社会を変えるか
  • 高齢者特有のインプラント治療
  • 介護の現場は揺れている
  • 寝たきりになったら
  • 未来の自分のために

 
 

リンクをクリックすると一部が立ち読みできます