HOME > 歯の移植とインプラント > インプラントのすべてがわかる本 > インプラントを不可能にする3つの難敵

インプラントを不可能にする3つの難敵

 
「骨がないなら造りましょう」という、ある意味強引な医学の進歩についてお話してまいりました。
 
とは言えこれらは皆、ある程度乗り越える事ができるようになりました。しかしここからのお話はちょっと違います。
 
インプラント治療を行う上で本当に障害になる代表選手は、骨量不足でもコストでもありません。それは、
 

  1. 歯周病
  2. 糖尿病
  3. タバコ

この3つです。タバコは病気ではありませんから、正しく言えば「タバコによる有害物質の影響」ですが、ここでは解りやすくタバコとだけに言う事にします。
 
すでにお気づきのように、これらはみな第1章でお話した心の敵が連れてくる病気です。またこれらはとても仲が良く、徒党を組みインプラント治療を難しくしたり、すでに機能しているインプラントを破壊して行きます。
 
第1章で書いた「本当に悪いヤツ」とはこれらの事で、私たちが注意を促そうとも患者さんには「それくらいいいじゃない?」「みんなやってるのに、なぜ私だけが悪いの?」といった調子で捉えられる事が多く、そのギャップを埋める事もたいへんです。
 
しかもさらに悪い事に、これらは他の病気への扉をこっそり開ける名人という凶悪犯ぶりも発揮します。この章ではこの3つの悪態ぶりと、その撃退方についてお話しいたしましょう。
 

糖尿病は病気のデパート!?

本屋さんに行くと糖尿病の本が多いのに驚かされます。それだけ悩む方がが多いという事ですが、日本にはその予備軍を含めるとなんと1600万人以上もの患者さんがいるといわれています。
 
詳しくはそれらの本にお任せするのですが、糖尿病を一言で説明すると「体中のタンパク質がブドウ糖と結合し、全身が変質してしまう病気」だとお考えください。これを「糖化」と言うのですが、要するに全身の細胞が砂糖漬けになり、本来の働きをなさなくなってしまうという事です。
 
原因は運動不足や食べ過ぎにより糖質過多が生じ、インシュリンという糖を動かすためのホルモンを造る細胞が過労死する事です。その結果エネルギー源であるブドウ糖を体が利用できなくなり、消費されないで行き場を失ったブドウ糖が体中に溢れ、そこら中のタンパク質を糖化してしまうのです。一度糖化したタンパク質は本来の働きをなさず、老化したのと全く同じ状態を造ります。
 
また高血糖になるとその時だけ活躍する酵素が出てくるのですが、これは正常な状態では活動時間が短いから良いのですが、糖尿病ではいつも血糖が多いのでその酵素が出っぱなしになります。この酵素が造るのがソルビトールという糖の一種で、これはただちに果糖という物質に変ってもらわないと困るのですが、処理がおいつかずこちらもどんどん溢れて行きます。
 
溢れるという事は濃度が高くなるという意味で、こうなると細胞の中と外で糖の濃度差がどんどん開いてしまい、細胞は周りの水分をどんどん吸い、水浸しになってしまいます。
 
最近は家庭で漬物を造る事はあまりないのですが、ぬか味噌に野菜を入れると野菜から水分がどんどん出て、容器が水浸しになって行く事をご存知でしょうか。これは中学校の理科で習う「浸透圧」という実験そのものなのですが、そのため毎日水分をすくって行かないと容器から水があふれ出してしまいます。このぬか漬けの容器が細胞だと思っていただければよいのです。
 
さてこの水がくせもので、そのせいで細胞は酸欠状態に陥り動きが悪くなります。という事はその酵素が良く出る所が酸欠による障害がおきやすい事になります。その代表的な場所が目・腎臓・神経で、「網膜症・腎症・神経障害」と呼ばれる糖尿病3大障害を引き起こします。
 
しかし実際にはこれら以外にも【図56】のように実に様々な病気を同時に併発するので、口の悪い内科の先生は糖尿病の事を「病気のデパート」と呼ぶそうです。糖尿病百貨店は有りとあらゆる商品、すなわち病気を取り扱っており、その中にはむし歯も歯周病も入っています。
 
  

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 |

序章:インプラントを長持ちさせるコツとは

 

第一章:インプラントを選ぶ理由

 

第二章:インプラントの診断と治療

  • インプラントには歯根膜がない
  • 骨と結合するチタン
  • いつから噛める?
  • 1回法と2回法
  • いつから噛める?
  • インプラントの設計
  • 骨が足りない時は造成
  • 歯肉も増やす
  • 術後の感染に注意
  • 骨の幅はどう測る
  • 簡単なインプラントは難しい
  • 抜歯後すぐにインプラント
  • 年齢制限はあるか
  • 上部構造の材料
  • インプラントの製品名は知っておこう
  • メーカによる差はあるか

第三章:長持ちのカギは噛み合わせ

 

第四章:メンテナンスと定期健診

 

終章:高齢社会とインプラント

  • インプラントは高齢社会を変えるか
  • 高齢者特有のインプラント治療
  • 介護の現場は揺れている
  • 寝たきりになったら
  • 未来の自分のために

 
 

リンクをクリックすると一部が立ち読みできます

 
 

q