栄養が変わる 医療が変わる 社会が変わる

栄養が変わる
医療が変わる
社会が変わる

HOME > 予防と栄養医学療法 > 栄養医学療法 > このような症状の予防や改善に

このような症状の予防や改善に 

 
歯肉炎
口内炎
口角炎
歯肉の炎症が改善せず型取りができない
手術後の治癒不全
不快症状
神経麻痺
知覚過敏
花粉症や鼻づまりで歯科治療ができない
体調が悪く治療が続かない
糖尿病による歯科疾患
不定愁訴

 

 

不定愁訴とは

「だるい」「疲れぎみ」など、なんとなく体調が悪い のだけど、原因が不明でついつい放置しがちな症状を 「不定愁訴」と言います。このような方は隠れ栄養失 調の可能性がたいへん高く、そのような状態で歯科治 療を行っても思うような効果が得られません。
 

体調不良で治療のキャンセルが続く
30分程度の診療に耐えられない
ラバーダムが苦しい
麻酔の圧力に負けて針の跡が潰瘍になる
単純な虫歯治療でも神経が損傷する
外科的な治療をした後なかなか痛みが消えない 

 
 

 
 
この続きはただいま執筆中です
 
 
| 1 | 2 |
 
 

DentalNutrition.jp