LASER meet MICROSCOPE

HOME > 顕微鏡とレーザー

顕微鏡とレーザーを併用した歯科治療 

 
顕微鏡とレーザーを最大限に活用した治療は、吉田歯科診療室の大きな特徴の一つです。上の写真はエルビウムヤグレーザーによる治療を顕微鏡を見ながら行っている様子です。レーザーは顕微鏡と出会うことで、治療精度を上げた新たなステージに入りました。
 
顕微鏡もレーザーも、今では珍しい装置ではなくなりましたが、それを有効に使って結果を出すことは容易ではありません。
 
私たちはレーザーを1999年から、顕微鏡は2001年から使用しており、両方ともそれを専門に扱う学会の認定資格を古くから取得するとともに、顕微鏡においては歯科衛生士も認定を取得するなど、より高度な診療のために注力してまいりました。
 
また教育・研修などの学会活動を通じて、安全で効果的な治療の普及の拠点として活動しています。
 
このコーナーでは顕微鏡とレーザーのそれぞれの特徴や、合わせ技などについてお伝えいたします。
 

顕微鏡について詳しく  レーザーについて詳しく

 

手探りの治療から、見える確実な治療へ 

Microscope

 顕微鏡を用いた高精度な治療のご案内

 
顕微鏡を用いない自由診療はありえません
 
顕微鏡を用いると肉眼での歯科治療とは
いかに不備が多いかが誰にでも解ります
 
私達はほとんどの治療を顕微鏡で拡大して行い
肉眼とはまったく異なる治療を行っています。
 
すべてのユニット(治療用椅子)には
あらかじめ顕微鏡が設置され
必要なときには歯科医師だけでなく歯科衛生士も
顕微鏡をいつでも使える体制にあります。
 
吉田は日本顕微鏡歯科学会の認定指導医であり
顕微鏡歯科治療の普及や教育に携わっています
また歯科衛生士全員も同会の認定資格を有しているという
全国でも稀な体制で診療にあたっています
 
詳しくはこちら

目に見えない不思議な光の歯科治療

LASER

レーザーを使った痛みの少ない治療のご案内

 
レーザーは医学に新しい光をもたらしました
  
歯科治療で使うレーザーとは
目に見えない特殊で強力な光だと言って良いでしょう
 
吉田歯科診療室では
半導体レーザーと
エルビウムヤグレーザーという
2種類のレーザーを使い分け
深く大きなムシ歯の精密治療や
痛みの少ない治療のために
活躍しています
 
また吉田は日本レーザー歯学会の専門医として
レーザー治療の普及や教育に携わっています
 
詳しくはこちら

「安心」2010年1月号

ちょっと古い記事ですが、健康雑誌の老舗「安心」2010年1月号に、私達の顕微鏡歯科治療の記事が掲載されました。編集部のご好意により、ここに全文を掲載させていただくことができました。関係者の皆様に心より感謝申し上げます。誌面はモノクロでしたがこちらではカラーで、また原画であるビデオもごらんいただけます。
 

日本顕微鏡歯科学会

日本顕微鏡歯科学会は、顕微鏡を用いた高度で且つ正確な診断・治療の普及と教育を目的として活動しています。吉田はこの学会の認定指導医で、理事・事務局長・編集委員などの役職にあります。毎年の学術大会や各地で行われるサテライトセミナー・シーズンズセミナーなどで講師もやっています。また当診療室の歯科衛生士全員は学会の認定資格所有者です。
 

一般社団法人 日本レーザー歯学会

日本レーザー歯学会は、 レーザーを応用した歯科医学の進歩発展を図ることにより社会に貢献することを目的として活動しています。吉田はこの学会の専門医で、常任理事・広報委員長・研修安全講習委員などの役職にあります。毎年の学術大会や、各地で開催される歯科用レーザー安全講習会では講師などもやっています。
 

顕微鏡とレーザー 最新の記事から