歯の移植

歯の移植は、インプラントを考える前に、もっと選択肢として大きくとりあげられてもよいのではないかと思います。
 
しかし、移植はたしかに難しいです。適応となる方も少ないです。予後はといえば実はインプラントの方が良いのです。確実性が劣るので、やりたがる人が少ないのが現状です。
 
しかし私たちはすでに歯がなくなった部位に何か人工物で噛む部分を造らなくてはならないとき、親知らずなど使っていない歯があるならば、それを移植できないかも考えます。
 
このコーナーではあまり知られていない歯の移植について、そして移植と似ている再植という手法についてお伝えして行きます。
 
このページはまだ作成中でこれから徐々にアップしてゆきますが、先にBlog:歯界良好で取り上げている再植のページへのリンクを貼っておきます。
 

 
いかがでしょう、このような効果が現れることは素晴らしいと思います。歯を残す最後の手段として、ぜひ知っておいてください。