HOME > 歯の移植とインプラント > インプラント

私たちのインプラント治療の特徴

 
 
インプラントは新しい治療方法だと思っていませんか?実は既に40年以上の実績があり、正しく行えばたいへん有効な治療であることが解っています。
 
しかしインプラントは神様が造ったものではありませんので、治療後にもいろいろ注意が必要です。ところがそのためのメンテナンスや注意点の正しい情報はあまり知られていません。
 
もちろんこれはインプラントに限った話ではなく、すべての歯科治療に共通しています。ただインプラントはメリットが大きい分、うまく行かなかった時の落胆も大きなものになってしまうので問題が出やすいのです。
 
私達のインプラント治療は他の治療と同様に「長く快適に使って行く」ためのメンテナンスプログラムと共にあることです。すなわち治療と予防は表裏一体で同時進行、常に病気の原因除去と後戻り防止に全力をあげています。
 
専任の常勤歯科衛生士顕微鏡も使って一人一人に合ったきめ細かなコンサルティングを行う事をベースにしています。これがメンテナンスを正式に標榜する唯一のクリニックである私達の基本スタイルで、インプラント治療においても何ら変わる所はございません。
 
なお今大きな問題となっているインプラント周囲炎については、歯周病とともに専用ページで取り上げています。
 

コンサルティング
 

コンサルティング

インプラントとはどのようなものであるかは、既に多くの書籍やサイトで説明されています。
 
しかしそのほとんどは治療を決断していただく事を目的としています。しかし私達は必ずしもそういう立場ではありません。インプラントは数ある治療の選択肢の一つに過ぎません。
 
歯が無い場合の治療には他にもブリッジ・入れ歯があり、それぞれに良い面と悪い面があります。また矯正移動や親知らずを移植する事で対応できる事もあります。
 
また抜かなくてはならないと言われた歯でも、顕微鏡を用いた根管治療(歯内治療)や、歯根尖切除(歯根端切除)・歯周再生手術により再び使用可能な歯として蘇る可能性があります。それらについても正しい情報を提示し、条件さえ合えば選択していただけるようにしております。
 
私達は決してインプラント第一主義者ではありません。

SimPlant
 

CT診断とシミュレーション

インプラントに限った事ではありませんが、すでにCT(コンピューター断層撮影)は歯科治療になくてはならない存在です。従来は2次元でしか見る事ができませんでしたが、人間の体はもちろん立体ですので診断に限界がありました。
 
CTはこの問題を解決し、SimPlantLandMarkerといった専用の解析ソフトを用いる事により、歯肉を切開しないインプラント手術や、ひじょうに大掛かりで複雑なインプラント手術をも可能にします。
 
私たちはKaVo社 3D eXam iを用い、即時精密診断を行っています。そのデーターはお持ち帰りいただきご家庭のコンピューターでご覧になったり、セカンドオピニオンにご利用いただけます。

同意書
 

見積書と説明・同意書を発行

インプラント治療は他の歯科治療に比べ煩雑で高額になる傾向にあります。
 
また途中で治療計画の変更を余儀なくされる事があったりと、事前にご理解いただかなくてはならない大切なお話がございます。
 
これらを確認するために、口頭による説明以外にも見積書と説明・同意書が発行されます。
 
さらに詳しい情報は、こちらをごらんください。

XiVE
 

複数のインプラントシステムから
最適なものを選択

残念ながら1種類のインプラントシステムで、すべての患者さんの要望に応える事はできません。私達は患者さんの個性や状況に合わせ、下記の5種類を常備しています。どれも国際的にたいへん高い評価を得ているシステムです。

また、ただちに修理可能なインプラントはこちらをごらんください。

クリーンエリア
 

手術は個室のクリーンエリアで

吉田歯科診療室のRoom-Aと呼ばれる部屋は、インプラントや顕微鏡治療などの先進医療を快適に行うべく設計された特別な部屋です。
 
いかにも手術室といった仰々しい雰囲気ではなく、インテリアや音響・ビジュアルに配慮した快適な診療環境をお届けしています。
 
この部屋の天井には東京技研社のクリーンエリア・プラスという機械が埋め込まれており、手術部位を空気感染から守ります。詳しくはこちらをごらんください。

サイナスリフト
 

骨移植・サイナスリフト
インプラント周囲炎などに対応

骨の量が少なくて不可能と言われたケースでも、骨を移植したり誘導再生治療(GBR)・仮骨延長(ディストラクション)により対応します。
 
また上の奥歯で上顎洞という空洞が近くて骨が薄いケースでも、サイナスリフト(上顎洞挙上)という方法で可能にします。
 
さらにそのサイナスリフトが困難なケースでも、インプラント用の直径4mmの穴から顕微鏡を用いて直接挙上する特殊な方法で対応いたします。
 
もちろんインプラント周囲炎への対応など、インプラント治療に関わるほぼすべての治療をカバーしています。

麻酔
 

麻酔専門医による
眠ったままで終える治療

「インプラント治療は受けたいが、手術は怖い」というのはもっともな話です。
 
そんな方のためにお薦めするのが「静脈内鎮静」という方法。点滴で眠ったままで治療が受けられ、気がついた時にはもう手術は終わっていた、そんな夢のような治療が普通に行われます。
 
恐怖心の強い方、高血圧の方に特におすすめいたします。

顕微鏡手術
 

顕微鏡による精密な手術

私達の大きな特徴である顕微鏡を使った精密歯科治療、もちろんインプラントにも活躍いたします。
 
前歯の微妙な位置のインプラント・抜歯後の処置・歯肉の移植・特殊なサイナスリフト・仮骨延長などは特に顕微鏡による恩恵を大きくお受けいただけます。

全顎治療
 

手術当日から噛める!
即時負荷に対応

インプラントは通常手術後1~3ヶ月経って骨とくっついてから、その上に冠を乗せて噛めるようにします。
 
しかし「即時負荷」と言って、条件によっては手術当日に歯を乗せて噛めるようにできるかもしれません。
 
これは骨の条件が良い方で、複数のインプラントを仮の歯で連結して固定する場合にのみ可能です。一度に歯の全部をインプラントに交換するなど、大規模な治療ほど良い適用になります。

インプラント治療
 

インプラント以外の歯も
自由診療による安心対応

いくらインプラントが良くできていても、隣の歯や噛む相手の歯が悪かったら何にもなりません。そこにはインプラントと同等の信頼性のある治療が必要です。
 
私達は1本の歯はもちろん、口の中全体を通して過不足の無い治療を常に考えています。小さな虫歯のコンポジットレジン治療から、諦められがちな大きな虫歯の保存、進行した歯周病の阻止など、すべての治療に自由診療プログラムを持っています。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎へ完全対応

絶対に起こしたくなインプラント周囲炎ですが、現実的にはたいへん多くの方がこの問題を有しています。
 
インプラント周囲炎は歯周病より高度な治療が必要です。下記のリンクと書籍とblogに詳しくアップしておりますので、そちらをごらんください。
 

  1. 歯周病とインプラント周囲炎
  2. インプラント周囲炎が発見されたら
  3. インプラント周囲炎の外科的治療の実際
  4. インプラント周囲炎と栄養医学療法

 

歯科衛生士3人娘
 

メンテナンスは私たちにお任せを

インプラントに限らず、お口の中はメンテナンスが大切です。自動車に車検があるように、マンションに定期修繕があるように、メンテナンスがその価値を決めると言って過言ありません。
 
メンテナンスは治療が終わってから始まるのでは遅すぎます。治療と同時進行でスムーズに
完全メンテナンス期間に移行するのが私たちのスタイルです。常勤の歯科衛生士といっしょに、正しいメンテナンスを行ってまいりましょう!
 
詳しくは予防と栄養医学療法のコーナーをごらんください。

インプラントのすべてがわかる本

立ち読みコーナー

インプラントのすべてがわかる本

 正しくケアして長持ちさせるために

 
 
2007年に吉田格がはじめて出した書籍「インプラントのすべてがわかる本~正しくケアして長持ちさせるために~」の一部を立ち読みできるようにしております。
 
メインテーマはインプラントを正しく長持ちさせるためのメンテナンスを中心に書かれていますが、実はインプラントをとくにお考えでない方にもたいへん有益な内容になっています。 
インプラントは何年持つのですか?
問題先送りで状況悪化
インプラントを不可能にする3つの難敵
インプラント周囲炎が発見されたら
寝たきりになったら
 
 など、注目の記事をごらんください。