HOME > 歯の移植とインプラント > インプラントのすべてがわかる本 > インプラントは何年持つのですか?

インプラントは何年もつのですか?

 
最初に、実際に私たちに寄せられたインプラントの質問と、そのお答えをご紹介いたしましょう。

質問:インプラントは何年くらいもつ物なのでしょう?すぐにだめになるという話も聞きますし、一生物だという先生もいるようですが。

 
解答:ご質問ありがとうございます。おそらく本やインターネットでいろいろお調べになられ、どれを信じたら良いのか解らないのではないかと思います。
 
まず、インプラント自体はチタン製のスクリューですので、それ自体が変質することはありません。変化するのは人間の体の方、具体的には骨であるとお考えください。したがって骨が感染したり無理な力がかからない状態を、お互いの努力で造りだす事が重要です。
 
インプラントは「物」ですから、もちろん虫歯にはなりません。しかし歯周病と同じような理屈で、感染によりインプラントを支える骨がなくなる事があります。したがって最初から歯周病のリスクが高い方は要注意という事になります。
 
もしあなたが丈夫な骨を持ち、歯周病のリスクが無く、完璧な歯磨きを実行でき、噛み合わせや歯ぎしりに問題がなく、心身ともに健康で、タバコも吸わず、事故にもあわず、定期健診に必ず来ていただけるようであれば、そのインプラント治療は100年持つでしょう。
 
しかし実際にはそのような理想的な方はおられませんし、それ以前に前述のどれかに問題があったために歯がなくなり、今あなたにインプラント治療が必要になっているのではないでしょうか。
 
一方あなた自身に今残っているその歯ですが、あなたはいつまで持たせられる自信がおありでしょう。もし一生持たせられる自身がお有りなら、インプラントもきっとそれに近い所まで使えるでしょう。
 
しかしあなたが自分の歯をあと5年も持たせられる自身が無ければ、インプラントはそれ以下でしかないかもしれません。インプラントは人工物ですから、神様が造ったものにはかないません。
 
そうすると「どれくらい持つのか」はあなたの心がけしだという事になります。私達はそのリスクの度合いを診断し、インプラント治療の可否をお話いたします。ですからインプラント治療前までに、できるだけマイナス因子が少ない状態まで他の部分も治療して欲しいと思っています。またそれをめんどうくさがると、失敗の原因になります。
 
それからコストダウンのため無理な設計をしたり、簡便化のため診断を怠ると、短期間に失敗をみる例も少なくありません。骨が無い所に無理にインプラントを入れたり、節約のため本数を減らしたりするとそのような事になります。
 
正しく診断された上で行われたインプラント治療は決して短命では終わりません。しかし毎日使うものですから、一生というのも言い過ぎでしょう。そのような事を言われる先生にはちょっと気をつけた方が良いかも知れません。
 
いずれにせよ、長く持たせるためには何が必要なのかを主治医の先生とよくご相談され、少しでもリスクを遠ざける工夫を必ずなさってください。おだいじにどうぞ。

 
 
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 |

序章:インプラントを長持ちさせるコツとは

 

第一章:インプラントを選ぶ理由

 

第二章:インプラントの診断と治療

  • インプラントには歯根膜がない
  • 骨と結合するチタン
  • いつから噛める?
  • 1回法と2回法
  • いつから噛める?
  • インプラントの設計
  • 骨が足りない時は造成
  • 歯肉も増やす
  • 術後の感染に注意
  • 骨の幅はどう測る
  • 簡単なインプラントは難しい
  • 抜歯後すぐにインプラント
  • 年齢制限はあるか
  • 上部構造の材料
  • インプラントの製品名は知っておこう
  • メーカによる差はあるか

第三章:長持ちのカギは噛み合わせ

 

第四章:メンテナンスと定期健診

 

終章:高齢社会とインプラント

  • インプラントは高齢社会を変えるか
  • 高齢者特有のインプラント治療
  • 介護の現場は揺れている
  • 寝たきりになったら
  • 未来の自分のために

 
 

リンクをクリックすると一部が立ち読みできます