予防できるかどうかで、人生変わっちゃうよ!

 
あなたのその真ん中の前歯、何歳の時に生えてきたか覚えてますか?答えは6歳です。奥歯の第一大臼歯っていう6番目の歯、これも6歳です。
 
あなたが6歳の時の物って、今もなにか残ってますか?ランドセルとか、服とか。あったらスゴイですね!けどそれは思い出であって、今使っているものではありません。これから使ってゆく予定もありません。
 
さてその歯を、あなたは何年使う予定でしょう?5年ですか?10年ですか?それは自動車か家電製品なみです。では50年でしょうか?戸建ての住宅はそんな感じでしょう。けど歯は違います。人生80年だとすると、80から6を引いて74、そうです、70年以上は使って行かなくてはなりません。見渡すと、世の中で毎日使って70年持つものってありますか?
 
そうでなくても歯は過酷な環境で使って行かなくてはなりません。食事だけでなく、歯ぎしりの圧力に痛めつけられ、細菌の攻撃を受け、手入れもそこそこで70年も使う、、、誰がどう考えたって出来っこありません。そして現実は、今の高齢者のお口の中が証明しています。
 
歯は買い替えができません。入れ歯やインプラントはある程度は代わりになってくれますが、管理が今までと変わらなければ、またすぐに悪くなります。これが治療が長持ちしない原因で、最近大きな問題になっているインプラント周囲炎は、悪くなった原因が解決されていないまま、表面的な治療だけが進められたことが原因です。
 
過酷な環境で70年以上も使う歯には、世の中で最も高度な管理が必要です。自動車に車検があり、マンションに定期修繕があるように、あなたも自身の健康に安心安全の価値を組み込んでみませんか?
 
以下のビデオは、デンタルメンテナンスクリニックで行っているクリーニングの例です。日本顕微鏡歯科学会認定常勤歯科衛生士が、顕微鏡も使って他に類を見ない精度でサービスを提供いたします。